ももかめ日記

クサガメしゅうこ🌼さん♀。クロクサもみじ🍁♂。マレーハコガメさくら🌸♂の飼育日誌と趣味のバド🏸。その他気まぐれに思いついた事を綴っていきます。よろしくお願いします。

1人がいいけど‥でも‥

私は今、一日家族以外誰とも喋らないという事が多々ある。仕事してない、バド🏸もしてないからだろう。

友達と言ってもコロナだし、かと言って特別会おうとか思わない。みんなそれぞれに忙しいからね。若い時みたいに集まって飲んで歌って、、みたいな事はない。


去年の自粛期間、バドもできなくてつまらなくて、家にいる事自体がストレスだった。仕事に行って誰かと喋って、何とか気を紛らわすといった感じだった。


なのに何故今、誰とも喋らないのに何とも思わないのだろう。

f:id:momokamem:20210624091930j:plain

むしろ1人の方がいいとさえ思っている。

私は大勢でわちゃわちゃするのは、嫌いではないが、好きではない。はっきりと言える。


私の両親はどちらも友達が多かった。いつも家には誰かしらが来て、わちゃわちゃするような家だった。


お祭りの日になると、親戚が大勢来て酒を飲んで騒いでいた。


酔っ払いに絡まれるのは、だいたい私でホントに嫌だった。

酔っ払いはタチが悪い。騒ぐだけ騒いでヤジを飛ばし、しまいには片付けもせずにグーグー寝る。


片付けは母、そして私。母を手伝わないとかわいそうだったからね。


家ではいつも電話が鳴り響いていたし、近所の人が来て喋っているような環境だった。


私は群れるのも好きじゃない。兄に社交的とは言えないと言われたが、社交的じゃないと悪いってのか?


だから学校という場所は、誰かと行動を共にしないといけない雰囲気だったし、ゆうて1人は嫌なもんだから、結構苦痛な場所だった。


堂々とぼっちをかますような度胸もなかったし。

今でこそ、ぼっちという名前がメジャーになってきてぼっちの生き方も見慣れてきたけど、一昔前はそんなんじゃなかった。

f:id:momokamem:20210624092237j:plain

家は好きだったけど、反面落ち着かない場所でもあったかもしれない。


とにかく誰かの視界に入るって事がなんか嫌だった。


今は家電話が鳴っても、どうせ大した用事ではないので、あえて取らない。ろくなセールスの話しすらも聞きたくないし、時間の無駄。


私が仕事を辞めた事は、兄にすら言っていない。家族とごく一部の人のみ。

誰にも会わない事で、今何してるの?的な事も聞かれないし、答えなくて済む。 


そうは言っても兄は、そんなに仕事がキツいなら辞めればいいじゃないかと言ってはいたので、問題ないとは思うが。


時々実家に行って家の空気の入れ替えなどをしているが、その時すら、近所の人に会わないように息を潜める自分がいる。


特別嫌なわけじゃないが、色々聞かれるのがしんどい。子どもの時からそうだったから。


誰もいない家に行くのに、なぜかドキドキする。声をかけないで欲しいと願う自分。


仕事忙しいんでしょ?

今日はお休みなの?


なんて言われたら、はいーまあまあです、なんて帳尻を合わせる。


母が元気だったら、心配をしてくれるけど、私の事をペラペラ喋るので色々筒抜けになっているだろう。


あまり知られたくない事は話してほしくないのにね。


よく、誰々がどーだとか、あーだとか色々言ってたけど、人は人だからね。

そういうの聞けば聞くほど、自分がダメに思えてしまう。


今は誰とも喋らないから、そういう情報みたいなものは、一切入ってこない。

仕事もしてないから、誰かの愚痴や悪口、噂話を聞く事もない。


愚痴、悪口、噂話。


母は大好きだったけど、誰かのことをよく色々言っていた。父の愚痴はしょっちゅう。


職場では、そういうのがどうしてもあるから、知らず知らずのうちになんとなく、悪いものを吸収してしまう。


自分も同じように色々言って傷を舐め合う。

染まっていくんだよね。


私は今、無理できないしものすごく疲れやすいから、しょっちゅうゴロゴロしているんだけど、息子も旦那もそれに対して何も言わない。


大丈夫?も言われないけどね笑笑


でもそういうのが一番ありがたい。心配のあまり色々言われるのは辛い。


1人で昼ご飯を食べるのも、別に寂しくない。今は全く外食しなくなった。コロナのせいもあるがとりあえず外に出るのがめんどくさい。


随分な引きこもりようだ。

一人外食ランチを楽しんでいたのに。


こんな風に療養という名の引きこもりだけど、旦那と結婚してなかったら、まずどうしていたのだろう。母もいなくなり職もなくてどうやって生きていただろう。


考えただけで怖い。


私の時代は、結婚して一人前というか、結婚するのが普通というか、そういう感じだった。


だから今みたいに結婚がリスクだからとか、1人が好きだからという理由で結婚しないという概念がそもそもなかったのかもしれない。


まだ10数年前だけど?

随分時代が変わったなぁと思う。


年頃になると、結構必死で笑笑相手を探していた。友達も同様で、沢山飲み会(コンパ?)を開催していたものだ。


周囲からの圧力も凄かった。

20代後半の頃は、結婚しないの?みたいなセクハラ発言。そしてどんどん結婚して、子どもを産んでいく友達。結婚式に毎年のように呼ばれ衣装に困る日々。


でもそういう圧と波があり、

その波に乗りたいよね!なんて話しして。


そしてうまく乗れた??

無事に結婚へ辿り着く。笑笑



途中経過ではあるが、私は結婚しといてよかったと思う。

1人がいいとか言ってるけど、1人じゃ生きていけない人間である事は若い時に十分わかっていた。


自分の味方がいて、初めて1人というものを満喫できる、かなり弱い人間。自覚あり。


f:id:momokamem:20210624172356j:plain

亀が癒し



生きてくって大変な事だって母がよく言ってたけど、ホントだね。


人生何が起きるか、わからない。。


時間の過ぎ去りは、今でも結構あっという間。もう一日が終わるって感じで、長いと感じない。


心地良い風と、青空、小鳥の囀り。ど田舎で何もなくてつまらないけど笑笑、そんな中で生きてます。

f:id:momokamem:20210624171921j:plain




まだしばらく、引きこもり療養生活を続けます。よろしくお願いします。